Terastationのレプリケーションのすすめ

 詳しくは、BUFFALOの解説ページを参照して下さい。

レプリケーションとは?

 Terastationのレプリケーションとは、云わゆるTerastation2台でRAID1(ミラーリング)構成をする方法を言います。
 
 通常のバックアップと大きく異なる点は、

ネットワークが復旧するまでの時間が極めて短時間(30分程度)

なことです。

 おそらく、Terastationをお使いのほとんどのユーザーは、最新のデータをTerastationに保存しており、Terastationが故障した途端に、業務が停止するのではないでしょうか?

通常のバックアップとの違い

 バックアップとレプリケーションとの違いをまとめてみました。

比較項目レプリケーションバックアップ備考
費用高い安いバックアップの場合、USB外付けハードディスクなどの利用が想定される為、比較的安価に済ませられます。
復旧までの時間約30分最短で一週間弊社では、48時間内復旧を目指していますが、故障したハードディスクの状態やデータ量によってはそれ以上時間が掛ります。その後、新規のTerastationを導入して復旧作業となります。
データの変更履歴の管理無し有りバックアップの場合、変更履歴の管理が設定可能です。

設置時の操作

①導入時に、同一のTerastationを2台用意します。
②メイン機とバックアップ機として、同じ設定を行います。
(違うのは、Terastationのコンピュータ名とIPアドレスのみ)
③レプリーケーションの設定を行います。

※TerastationにはLANポートが二つ付いているので、一つは社内ネットワーク用、もう一つはレプリケーション用で、他のTerastationに直結可能です。
※レプリケーションに対応しないTerastationが存在するので、購入する時は、確認が必要です。

メイン機のTerastationの故障時

①メイン機の電源を切ります。
②バックアップ機のコンピュータ名とIPアドレスをメイン機に一致させます。
③バックアップ機をメイン機として、運用を開始します。
(この間、長く見ても30分程度の作業)

時間を掛けて、メインの修理が可能になります。

故障したメイン機が復旧した時

①復旧したメイン機を、バックアップ機として設定します。
②復旧したメイン機をネットワークに接続します。
③レプリーケーションの設定を行います。