TS-XE4.0TL/R5 Degradeモード復旧時にアクセスできなくなった


TS-XE4.0TL/R5

機器種別TeraStation
型番TS-XE4.0TL/R5
構成RAID5 1TB×4
容量4TB
データ量1.5TB
所要時間9日
料金105,000円

木曜日に、以下のような、お問い合わせメールが有りました。

TS-XE4.0TL/R5(1TBx4)をRAID5で運用しております。状況としては、下記の状況です。本日、同じ型番のバルクHDD4台を入手する予定です。そちらで、復旧の可能性が有れば、本体+予備HDDをお送りし、見積もりをお願いできれば幸いです。使用率は50%で1.5TB程度のデータが入っています。1ヶ月前のバックアップデータは有るので、それ以降のデーターを復旧していただくとありがたいです。

○2011/10/XX 09:36:09

エラー発生に気づく。
この時はアクセス可能だった。

○2011/10/XX 12:27:13

HDD4が壊れたので、交換するような表示が出たので、別のディスクに交換。マニュアル通りにリビルドを開始する。この間も問題なくアクセス可能。

○2011/10/XX 22:23:53

disk2, disk4のエラーが出て、マウント出来ず。自動シャットダウン

○2011/10/YY 09:47:10

2回再起動するがマウント出来ず、disk2のエラーはクリアされdisk4のみHD2 brokenと画面に表示される。web経由でのアクセスは可能。

TeraStationを弊社へ送付後、以下のメールを受信しました。

アクセス出来なくなってからこちらでは下記の作業を行いました。

2011/10/YY~2011/10/ZZ

1.コピー作業
4台購入したHDDのうち、1台は開封してオリジナルdisk2を取り出して、
linux上で、バルクHDDにコピーして、コピーdisk2とした。

2.TeraStation起動作業
コピーdisk2をオリジナルdisk2の代わりにterastaionに装着し、起動しました。
webアクセスなど可能ですが、raid array1はマウント出来ませんでした。

3.linuxでの確認作業
オリジナルHDD#1、コピーHDD#2、オリジナルHDD#3、オリジナルHDD#4をlinux機
にUSB接続し
データー領域のマウントを試みましたが不可能でした。

お手上げ状態となりました。

大変お手数おかけしますが、データー復旧作業が可能かどうか、現物を確認し、
ご検討いただけますか
よろしくお願いします。

どうやら、お客様自らLinuxでデータリカバリに挑戦したようです。

TeraStation到着

早速ハードディスクを取り出し、4台すべてクローン作成を開始します。やはり、Disk2はクローン作成中にエラーが発生しましたが、強制的に作成します。

復旧マシーンでの復旧作業…RAID構築できない!

弊社の復旧マシーンへセットします。
案の定、データ部のRAIDを構築できません。

ここで、RAIDを構築できない理由を調査します。

Disk2のスーパブロック部分が全てゼロで埋められ消去された状態になっていました。
そこで、故障したDisk4を解析しますが、スーパブロック部分が破壊されていました。

「何故、スーパブロック部分が破壊されるのだろう?」

TeraStationの特性?それとも、不具合?
普通は、スーパブロック部のフラグを故障とするだけなのに……。

弊社のLinux技術者が苦労しながら、生き残ったDisk1、Disk3のスーパーブロックを参考に、Disk2のスーパブロックを再構築し、やっと、データ部のRAIDの構成に成功しました。

inodeも壊れていた…

RAIDを構成してみると、今度はinode(アイノード)が破壊されていました。inodeはファイルの実体と名前を結び付けているものです。これが破壊されてしまうと、ファイルはあるけれど名前がわからないという状態になります。

上記のような症状は弊社に送られてくるTeraStationの中でも特にTS-X系列の初期型に多い傾向があります。

新しいTS-X系列機でもこのような症状がでるのかどうかは、まだ出たばかりなのでわからないのが現状です。
(弊社ではこのような経験からも、お客様にはTeraStation/LinkStationのデータのこまめなバックアップをおすすめしています。)

お客様へご報告、納品へ

お客様にこれまでの経緯をお話しすると、
「ファイルのタイムスタンプは、復旧してますか?9月にバックアップを取っていたので、それ以降のデータさえ有ればOK。」
とのことでした。

幸いファイルのタイムスタンプは、復旧していたので、同梱されていた、ハードディスク4台で、TeraStationを初期化して、これにデータを戻し、お客様へ納品いたしました。

後日、データ確認のご連絡をいただき、作業終了。