[TeraStationの故障]起動の途中で、液晶画面の表示が変わらない場合の原因と対処方法

起動の途中で、液晶画面の表示が変わらない場合

 今回の記事は、TeraStationが故障して、再度電源を入れ直した時に現れる、以下の症状の内、

  • ①電源が入らない。
  • ②起動の途中で、液晶画面の表示が変わらない。
  • ③Beep音が鳴り、赤い液晶画面で、EMモードと表示されている。
  • ④Beep音が鳴り、赤い液晶画面で、「E04 Can't Load Kernl!」などと表示される。

②起動の途中で、液晶画面の表示が変わらない。についての記事です。

 この現象の原因は、

  • (1)基盤の故障
  • (2)ハードディスクの故障

の二つになります。

 原因を特定するには、TeraStationに電源投入から、正常起動までの液晶表示を確認すれば、おおよその判断が可能と思います。

TeraStationの起動時の液晶表示の遷移

 TS-XELの起動時の液晶表示を例に説明します。

No.表示内容背景色説明
1Buffalo Version!
3.01-0.01
オレンジBIOSの起動
ココで止まった場合は、基盤の異常(※1)
2Initialize
Boot FLASH
オレンジ
3Initialize
NAND FLASH
オレンジ
4Detected NAND
0 MB
オレンジ
5Initialize
Xor Engine
オレンジ
6Initialize
Power Scheme
オレンジハードディスクへの電源投入
ココで止まった場合は、
表示されているハードディスクの異常
物理障害の可能性大(※2)
7Hard disk
HD 1 Power ON
オレンジ
8Hard disk
HD 2 Power ON
オレンジ
9Hard disk
HD 3 Power ON
オレンジ
10Hard disk
HD 4 Power ON
オレンジ
11Initialize
SATA 0Channel
オレンジハードディスクへのアクセスを確認
OSのロード。ココで止まった場合は、
いずれかのハードディスクの異常(※3)
12Welcome to
TeraStaion
オレンジOSを起動
RAIDの構成
サンバ(ファイル共有)の起動
ココで止まった場合は、(※4)で
13Welcome to
TeraStaion
ブルー正常起動

(※1)「Initialize Boot FLASH」等で止まった場合

 この段階では、ハードディスクにアクセスしていない状態なので、ここで止まった場合は、基盤の異常が考えられます。

(※2)「Initialize Power Scheme」等で止まった場合

 この段階では、ハードディスクに順次電源を投入していきます。
おそらくこの段階では、ハードディスクの型番と、SMART情報の読み取りを行っていると思われます。

電源を投入出来ない場合、

  • ハードディスクが接続されていない
  • ハードディスクが完全に故障していて電源が入らない
    ということになります。

 しかし問題は、ハードディスクに電源は入るが、正しく起動しない場合です。この場合、TeraStation側では、予期しない信号を受け取ると、ここで止まってしまう可能性が有ります。
 止まった時の液晶表示によって、故障したハードディスクの特定が可能です。

(※3)「Initialize SATA 0Channel」で止まった場合

 この段階における、TeraStationの動作と、動作を停止した場合の原因を以下の表にまとめました。(推測の部分も有ります)

No.TeraStationの動作停止時の原因
1Linuxのコア部分のReadハードディスクの故障
2Linuxのコア部分をメモリに展開基盤の故障
3Linuxのコア部分の起動基盤の故障
4OS部、スワップ部のRAIDを構成ハードディスクの故障
5OSをロードハードディスクの故障
6OSの起動ハードディスクの故障

 TeraStationの場合、OS部がRAID構成になっている為、RAID構成が先か、OSの起動が先か?という疑問が起きますが、
Linuxのコア部分のみをメモリにロードして起動し、
その後、OS部のRAIDを構成して、TeraStationのOSが起動すると考えられます。

(※4)オレンジ背景の「Welcome to TeraStaion」で止まった場合

 この段階では、OSがTeraStationとして動作するための環境整備を行います。
 ここで止まった場合、
OSの各種ファイルが正しくReadできなかった事
データ部のRAID構成が正しくできなかった事
が、考えられます。ということは、ハードディスクが故障していることが原因になります。

「基盤の故障の場合」の対処方法

 基盤が故障した場合、基盤の交換を行えば良いのですが、基盤の単体で販売していません。
 オークションなどから中古TeraStationを購入して、置き換えをすることになります。

「ハードディスクの故障の場合」の対象方法

 故障しているハードディスクを特定できる場合は、故障しているハードディスクを外した状態で、TeraStationに電源を入れると、起動する場合も有ります。(起動しない場合も有ります)

 RAID構成により、取り外し可能なハードディスクの台数が異なるので、注意が必要です。

4台構成のTeraStationの取り外し可能な台数

 RAID6の場合、2台まで可能。
 RAID5の場合、1台まで可能。
 RAID10の場合、Disk1とDisk2のいずれか1台と、Disk3とDisk4のいずれか1台。計2台まで可能。

2台構成のTeraStationの取り外し可能な台数

 RAID1の場合、1台まで可能。
 RAID0の場合、取り外し不可。

まとめ

 「②起動の途中で、液晶画面の表示が変わらない。」について、まとめました。この現象の原因は、

  • (1)基盤の故障
  • (2)ハードディスクの故障
    であり、TeraStationの液晶表示の内容で、原因を特定できる可能性について、説明しました。
     上記の原因の対処方法についても、簡単に説明しました。

Tag: TeraStation 故障

NAS-RESCUEは、自力データ復旧をサポートします!
自力データ復旧の勧め 4台構成編

自力データ復旧は以下の方にお勧めです:

  • 5万円以下でデータを復旧したい
  • 第三者にデータを見られたくない

TeraStation専用データ復旧ソフト「NAS-RESCUE」、HDDクローン作成ソフト「CloneMeister」を利用する事で、安心のサポート付きで安くデータ復旧できます。

無料ダウンロード

}}