「TeraStationの故障」電源が入らない場合の原因と対処方法

電源が入らない場合の原因と対処方法

TeraStationが故障した場合、何はともあれ、TeraStationの電源を一回切って、再度電源を入れると思います。
 この後、電源が入らない場合の原因と対処方法を説明します。

 これには、以下の原因が考えられます。

  • ①電源ボタンを押している時間が短い
  • ②電源ケーブルが正しく接続されていない
  • ③TeraStationの電源部か基盤が故障

①電源ボタンを押している時間が短い

 TeraStationの電源ボタンは、一瞬押しただけでは反応しないようになっています。
「ピッ」と鳴るまで、押し続けます。

②電源ケーブルが正しく接続されていない

 この場合、チェックするポイントが以下の3点になります。

  • (1)壁のコンセントからTeraStationまで、正しく接続されているか
  • (2)電気自体が流れているか
  • (3)電源ケーブルが断線しているか

(1)壁のコンセントからTeraStationまで、正しく接続されているか

 壁のコンセントからTeraStation本体まで、それぞれの接続部分を再度接続します。
 例えば、
壁のコンセント→無停電電源→TeraStation本体
という接続の場合、
(I)壁のコンセント→無停電電源
(ii)無停電電源→TeraStation本体
のそれぞれで、接続を再度行います。
特に、TeraStation本体と電源ケーブルとの接続では、少し力を入れて押し込みます。

(2)電気自体が流れているか

⇒TeraStationの電源ケーブルを抜き、他の電気製品(蛍光灯スタンドなど)を接続して電気が流れているかを確認します。

無停電電源を経由している場合は、無停電電源が正しく動作しているかを確認します。

(3)電源ケーブルが断線しているか

⇒他の電源ケーブルを用意して交換します。

などが、考えられるので、それぞれを確認します。

以上のすべてが、OKであれば、次節の電源部か基盤の故障が考えられます。

③TeraStationの電源部か基盤が故障

 この現象は、めったに起きないと思っていますが、弊社では二回経験しています。
 1回目は、電源部を交換して動作しました。
 2回目は、TeraStation本体を入れ替えて、動作しました。

この場合の対処方法は、

  • (1)メーカーへ修理を依頼する
  • (2)業者へ依頼する
  • (3)同一型番のTeraStationを用意する
  • (4)弊社がお勧めする方法

となります。

(1)メーカーへ修理を依頼する

 メーカーへ修理を依頼する場合、中のデータは補償されません。中のデータは、予め取り出してからの依頼になります。
 データを取り出す場合、弊社のNAS-RESCUEシリーズが便利です。

(2)業者へ依頼する

 業者へ依頼する場合、おそらく多くの業者は「データ復旧」をメインに説明すると思います。何故なら、修理料金より、データ復旧料金の方が高いからです。

(3)同一型番のTeraStationを用意する

 オークションなどから、中古で同一型番のTeraStationを調達します。
すべてのハードディスクを、調達したTeraStationにセットして電源を入れます。
 ハードディスクに問題が無ければ、TeraStationは問題無く動作します。

注意 Windowsモデルやウィルスチェック機能搭載モデルは、ライセンスの関係で、ハードディスクの入れ替えが出来ない可能性が有ります。

(4)弊社がお勧めする方法

 弊社がお勧めする方法は、メーカーの保証期間の内外で2通りになります。

(i)メーカーの保証期間内の場合
 メーカー保証を有効活用します。ただ、「(1)メーカーへ修理を依頼する 」で説明したように、中のデータを取り出す必要が有ります。

(ii)メーカーの保証期間を過ぎた場合
 TeraStation本体の交換をお勧めします。この場合も中のデータを取り出す必要が有ります。
新規のTeraStationを導入して、データを移植します。

TeraStation本体の交換をお勧めする理由
 TeraStationは消耗品だということを、認識する必要が有ります。
TeraStationを修理して使い続けるのも一方法ですが、修理した場合、近い将来に、故障する危険性を秘めています。
 重要なデータが沢山保存されているTeraStationが、故障した場合、会社であれば、業務が止まってしまいます。業務が止まった後のリカバリに要する費用と、新品のTeraStationを調達する費用を比較すれば、容易に理解できると思います。

まとめ

 TeraStationの電源が入らない場合の原因と対処方法を以下の観点で説明しました。

  • ①電源ボタンを押している時間が短い
  • ②電源ケーブルが正しく接続されていない
  • ③TeraStationの電源部か基盤が故障

TeraStationの電源が入らない」という単純な現象で有りながら、その原因は、初歩的なミスから、深刻なハードウェア異常が有る事を理解できたと思います。

 メーカーや業者へ修理を依頼する場合には、予めデータの取り出しを行う必要が有ります。弊社のNAS-RESCUEシリーズの使い方を説明した、無料の解説書、「自力データ復旧のすすめ」は最下段のリンクから申し込みできます。

 TeraStationの安全で確実な運用の手助けになれば幸いです。

Tag: TeraStation 故障

NAS-RESCUEは、自力データ復旧をサポートします!
自力データ復旧の勧め 4台構成編

自力データ復旧は以下の方にお勧めです:

  • 5万円以下でデータを復旧したい
  • 第三者にデータを見られたくない

TeraStation専用データ復旧ソフト「NAS-RESCUE」、HDDクローン作成ソフト「CloneMeister」を利用する事で、安心のサポート付きで安くデータ復旧できます。

無料ダウンロード